はじめての格安SIMの賢い選び方|おすすめの格安SIMは

トップページ >通話について> 通話をする人でも使える格安SIMは

通話をする人でも使える格安SIMは

「よく電話をする人は、格安SIMが向いていない」と聞きいた事があると思います。

カケホーダイが一般的になったキャリアと異なり、格安SIMの通話料は、20円/30秒がそのまま加算されるため、キャリアと同じ感覚で話しているとかなりの通話料がかかってしまうからです。

格安SIMを選ぶ基準は"月120分以下の通話時間かどうか"と言われていますが、最近ではサービスの充実により、カケホーダイに似たサービスを提供する事業者も出てきました。


キャリアと真っ向勝負!「もしもシークス」

かけ放題ライト:850円
かけ放題フル:1,800円



5分以内の国内通話が何度でもかけ放題の「かけ放題ライト」と通話無制限の「かけ放題フル」から選択可能。
通話無制限のかけ放題はMVNOの中で唯一ココだけが提供しています。
あまり通話をしない方は逆に高くつく場合も。

公式WEBサイト:もしもシークス



回数が多い人におすすめ!「楽天モバイル」

楽天でんわ・5分かけ放題:850円

楽天でんわの通話料半額サービスは誰でも登録可能ですが、「5分かけ放題」は 楽天モバイル利用者のみが利用可能。
5分以内の国内通話が何度でもかけ放題となり、もし、5分を過ぎた場合でも半額の10円/30秒で話すことが出来ます。

公式WEBサイト:楽天モバイル



ちょっと話すならちょうど良い「BIGLOBELTE・3G」

BIGLOBEでんわ「通話パック60」:650円

1,200円分の通話が650円で利用できるBIGLOBEでんわの「通話パック60」。
専用アプリを利用する事で国内通話が半額となるので、国内通話が最大60分お得になります。

公式WEBサイト:「BIGLOBE LTE・3G



IP電話を利用したかけ放題サービス「NifMo」

NifMoでんわ:1,300円

日本国内の固定電話および携帯電話への通話がかけ放題。
インターネット通信を利用したIP電話のため、データ通信量が消費される・通話開始から90分前後経過した場合、自動的に通話が切断されるなどのデメリットも。
他に海外かけ放題プランもあり。

公式WEBサイト:NifMo


このように格安SIMでも負担の少ない通話サービスを提供するところも増えてきたので、よく電話する人にも選択肢が増えました。

自分が月にどれ位電話をするか大体把握できていれば、その期間に合わせたサービス選びが出来ますね。

長電話をするならもしもシークス一択ですが、「なんとなくかけ放題があったほうが安心」という方なら、おすすめは楽天モバイル。
サービスも豊富で、回線も比較的速いなど総合的に優れています。


Page Top ▲