はじめての格安SIMの賢い選び方|おすすめの格安SIMは

トップページ >通話について> 格安SIMでもかけ放題サービス開始

格安SIMでもかけ放題サービス開始

格安SIMは「通話料金がそのままかかる」という弱点があります。
その為に、電話を余りかけない人向けといわれてきました。

確かに国内通話料なら20円(税抜)/30秒ですから、月にたった1時間の通話でも、2,400円もかかる計算になります。

これだと、せっかく安く利用できるというメリットがなくなってしまいますね。

しかし、遂にMVNOでもかけ放題サービスが登場。
NifMoが提供する「NifMo でんわ」です。


気になる内容は
「NifMoニフモ」とは、プロバイダでお馴染みのニフティが提供するMVNO。
NifMo でんわには、「国内かけ放題プラン」と「国内+海外かけ放題プラン」の2種類あり、それぞれの料金が

国内かけ放題プラン:1,300円/月
国内+海外かけ放題プラン:2,700円/月


となっています。

この料金で、1ヶ月あたりの通話時間や回数に制限がありません。

サービス内容がほぼ同じであるドコモのカケホーダイプランで2,700円/月ですから、比較してみても相当安いですね。

ただし、注意して欲しいポイントもあります。


IP電話を利用した電話サービス
IP電話は、インターネット通信を利用したサービスです。
まず、NifMoとNifMoでんわへの申し込みが必要であり、専用アプリをインストールしなければなりません。

また、データ通信量が消費されます。

公式サイトによると、
「通話時のデータ通信消費量の目安が約1.5MB/3分」だそうです。

仮にデータ通信容量が一番少ないプランでも、3GBありますから、そう影響されるわけではない気がしますが、それでも注意しなければなりませんね。


もう1つ注意したいのが、かけられない番号があるという事

国内なら、フリーダイヤル、ナビダイヤル、伝言ダイヤル、テレドーム番号 (0120, 0170, 0180, 0190, 0570, 0800)、緊急通報用電話番号 (110、119、118)など。

海外は、固定電話がかけられる対象国と携帯電話がかけられる対象国があるので、詳しくは公式サイトを参考にしてください。

>>NifMo公式サイト


こうしてみると、思っていたかけ放題プラントは少し違う気はしますが、格安SIMでも通話料金を心配せずに使えるようになったのは大きいですね。


Page Top ▲