通信速度で選ぶ格安SIMおすすめランキング

通信速度で選ぶ格安SIM

格安SIMの通信速度はどれも同じではありません。
「同じNTT回線を使っているのだからそんなに変わらないでしょ!」という方もいますが、通信業者によって速度に大きな差があります。

通信速度で格安SIMを選ぶなら、
“回線混乱時でも快適に速度が出る通信業者を選ぶ”
のがコツ。


当サイトでは、ブログやTwitterでのユーザーの速度測定の報告をまとめ、おすすめをランキング形式で紹介します。

通信速度で選ぶおすすめランキング


mineo
ドコモ・au回線共に速度が安定
ドコモ・auと2つの回線から選択可能。
どちらもピーク時でも快適に使え、速度は1日を通して速く安定しています。
つまり、どちらを選んでも安心。

おすすめプラン(1GB/月)
ドコモ/au
データ通信:800円/800円
音声通話対応:1,500円/1,410円




UQ mobile
ドコモ回線にこだわらないなら
au回線を利用。
mineoよりも速度はやや上であり回線評価も高い。
ただ、プランの少なく選択肢があまりないので利用しづらい。

おすすめプラン(3GB/月)
データ通信:980円
音声通話対応:1,680円




楽天モバイル
APN変更で速度が上がる
新APNに変わってから速度が劇的に上がりました。
ドコモ回線で選ぶなら、まずは選択肢の1つにしたいですね。
スマホセットやサービスが充実しているので、はじめて格安SIMを使う方におすすめ。

おすすめプラン(3.1GB/月)
データ通信:900円
音声通話対応:1,600円




NifMo(ニフモ)
比較的速度が安定
トップクラスの速度が出ていると好評の時期もあったNifMo。
前ほどではありませんが、現在も1日を通して速度は安定しています。
独自オプションであるバリュープログラムなども面白いプランも。

おすすめプラン(3GB/月)
データ通信:900円
音声通話対応:1,600円




OCN モバイル ONE
NTT系列の中では一番
数あるNTTグループの中では、速度が出ている。
とは言っても、お昼のピーク時は遅い・・・
データ容量が、使い切っても翌日には復活する1日使いきりと独自のプランもあり。

おすすめプラン(110MB/日コース)
データ通信:900円
音声通話対応:1,600円

Page Top ▲


mineo
ドコモ・au回線共に速度が安定
ドコモ・auと2つの回線から選択可能。
どちらもピーク時でも快適に使え、速度は1日を通して速く安定しています。
つまり、どちらを選んでも安心。

おすすめプラン(1GB/月)
ドコモ/au
データ通信:800円/800円
音声通話対応:1,500円/1,410円




何故、速度に差が出るのか
賢いMVNOの選び方
必要な通信速度はどれ位?
速度を上げるコツ
おすすめランキング