はじめての格安SIMの賢い選び方|おすすめの格安SIMは

トップページ >ソフトバンクの製品を使う> ソフトバンクの歴代iPhoneは、どの代まで格安SIMが使えるのか

ソフトバンクの歴代iPhoneは、どの代まで格安SIMが使えるのか



ドコモ・auよりも、iPhoneを長く提供してきたソフトバンクですが、どの代までが格安SIMを使えるのでしょうか。
日本仕様として初めて発売されたソフトバンクのiPhone 3G以降から見てみます。


iPhoneの仕様

初めの頃、iPhoneは各キャリアに合わせた仕様となっていました。
同じように見えるiPhoneですが、各キャリアが利用する周波帯に合わせたものとなっており、実は若干の違いがあったのです。

しかし、iPhone5s以降のモデルでは日本国内で発売されるiPhoneの仕様が統一され、docomo/au/Softbankのどこのキャリアでも対応できるものに変わりました。

つまり、SIMロックを外せばSIMフリーiPhoneと同じになるわけです。



SIMロック解除で使えるが・・・

ソフトバンク回線を利用したMVNOは無いので、ドコモやauの様にSIMロック解除なしで格安SIMを挿すことができません。
必ずSIMロック解除が必要です。

しかし、ソフトバンクiPhoneで解除できるのは"iPhone6s/6s Plus以降のモデル"から。
それ以前のiPhoneはSIMロック解除ができません。

これにより、iPhone5S/5c、iPhone6/6 Plusは、「解除さえ出来れば格安SIMがフルに利用できるのにそれが出来ない・・・」と大変もったいない状況になっています。



SIMロック解除できないことも無い

実は、強制的にSIMロックを解除する方法も幾つかあります。

例えば、

SIM下駄
比較的簡単に解除できる方法。
SIMカードを挿入するアダプタにコンピュータ基盤のついたアイテムで、これを使うと他社SIMカードでも読み込めるようになります。

失敗例も多く中には、iPhoneが動かなくなってしまうなど最悪なケースも。


脱獄
設定イジリまくる方法。
玄人向きでハードルが高い。

セキュリティが弱くなり、ウィルスの温床になる可能性も。
こちらもiPhoneが動かなくなってしまうケースあり。


業者に依頼
インターネットで専門業者に申し込む方法。

業者の信頼性が問われるところ。
解除料金が万単位で高い。


何れにせよ、どの方法でも自己責任となります。



通常のSIMロック解除が一番無難

結局は、キャリアが定める方法で解除するのが一番無難です。
iPhone5s/5c、iPhone6/6 Plusを持つユーザーにとっては、何とも飼い殺しの様な結果となってしまいましたが、ソフトバンクのMVNOさえ出てくればまだ使える可能性はあります。

これより古いモデルなら、やはり機種変かSIMフリースマホにしたほうが使い勝手が良いと思います。

それでも、いくらショップで解除してもらったからといって格安SIMが利用出来ると保証されているわけではありません。
iOSのバージョンが上がる度にMVNOによってその対応が違いますので、思わぬ不具合を起こす可能性だってあります。

このことはよく把握しておきましょう。

iPhoneに格安SIMを使う時の確認しておきたい注意点


Page Top ▲