はじめての格安SIMの賢い選び方|おすすめの格安SIMは

トップページ >SIMフリースマホ> 1万円台で買えるスマホ

1万円台で買えるスマホ

SIMフリースマホの魅力の一つに"価格の安さ"があります。

最近は、ハイスペックで高額なSIMフリースマホも人気ですが、安さを求めるユーザーは少なくありません。


1万円台で購入できるスマホ

例えば、 9月に発売されたUPQの「Phone A01」。

UPQ(アップキュー)は、秋葉原発の新興家電ブランドであり、このSIMフリースマートフォンが、アマゾン価格で15,560円で購入できます。

また、2014年12月に発売されたものですが「Ascend G620S」も狙い目。
アマゾンの スマートフォン本体のカテゴリで、ベストセラー1位を獲得している人気機種です。

こちらは13,450円とさらに安くなっています。




スペックを比較すると・・・

どちらを選ぶかの判断材料として、気になるスペック的な差をまとめてみました。

Phone A01 Ascend G620S
OS Android 5.1 Android 4.4
画面サイズ 4.5 インチ 5 インチ
画質解像度 854x480 1280x720
メインカメラ画素数 500 万画素 800 万画素
バッテリー 1800 mAh 2000 mAh
Bluetoothテザリング あり なし

こうみると、「Phone A01」は、

解像度が低く、電子書籍やマンガを読むといった用途には少々キツイです・・・
カメラの性能も、お世辞でもいいとは言えませんね。

それでも、 音声通話やWEB閲覧、メール、SNSなどは問題なく利用できます。

大差は無いものの、スペックだけに限らず使いやすさなどは、「Ascend G620S」の方に分があることに間違いありません。

しかし、唯一のデメリットが、Bluetoothテザリングが無いということ。

Wi-Fiテザリングだとバッテリー減りがかなり早くなってしまうだけに、これは痛い。

結局は使い方によるのですが、テザリングにこだわらないなら「Ascend G620S」の選択に。


何れにせよ、1万円台でスマホを購入できて、1GBの格安SIMを使えば、キャリアでスマホをはじめるよりも圧倒的に低コストであることは間違いありません。

音声通話、WEB閲覧、メール、SNSメインのライトユーザー向けの使用ですが、この安さが決め手の1つになるのではないでしょうか。

「とりあえずスマホ」「子供用」「ガラケーと2台持ち」などにオススメです。

>>驚きのコスパ!【Huawei】 Ascend G620S


Page Top ▲