はじめての格安SIMの賢い選び方|おすすめの格安SIMは

トップページ >メリット・デメリット> キャリアからMVNOへ乗り換えのデメリットは

キャリアからMVNOへ乗り換えのデメリットは

・携帯の番号が変わらない
・キャリア時代と同じ回線ならスマホも変える必要なし


これで"料金が安い"と聞けばメリットだらけで乗り換えたいと思うユーザーも多いのでは。

もちろん、この乗換えにもデメリットがあります。
自分が感じたデメリットは、「テザリングが出来なくなる事」と「LINEのID検索」位ですが、他にもキャリア時代に使えたサービスが使えなくなります。


ここで、どのようなサービスが使えなくなるかをまとめてみました。

使えなくなるサービス

メール
サポート
キャリアサービス


メールはアドレスを変更する必要アリ

同じ回線を使っていても、ドコモメール・auメールなどキャリアメールは利用できなくなります。
そこでMVNOで提供するメールを利用することになりますが、このサービス自体を提供していないところも・・・

サポートは電話かメール対応に

キャリアのショップでスマホの契約をすれば、大体使えるようになって渡されます。
機種変更もデータを移し変えてくれますよね。
このような今まで手厚く受けられていたサポートも、契約先のMVNOによって質が変わってきます。
MVNOはショップを持たないので、メールや電話で問い合わせをしての自己処理に。


回線上のトラブルがあった場合は、自己で処理で

色々なサービスが使えなくなる

キャリアが独自で提供していたサービスも使えなくなります。
例えば、Wi-Fiスポット。
継続して利用したければ有料となります。
また、セキュリティソフトなどの独自のサービス用アプリも使えません。

他にも、

使っているスマホをそのまま使うと、

ドコモスマホはテザリングが出来ません。
au iPhoneならネットが使えない。(音声通話は可能)



また、お使いのアプリでも一部の機能が使えなくなる場合も・・・


格安SIMだとLINEはID検索が出来ない!


やたらデメリットが多く乗り換えたくない気分になります。

自分もテザリングだけはどうしても必要だったのでSIMフリースマホを購入、LINEはすぐに慣れました。

やはり、月々の負担が減るのは大きいです!

Page Top ▲