はじめての格安SIMの賢い選び方|おすすめの格安SIMは

トップページ >メリット・デメリット> 家電量販店で格安SIMを買う時の注意点|メリット・デメリット

家電量販店で格安SIMを買う時の注意点|メリット・デメリット

ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラなど家電量販店でも格安SIMを扱う専用のコーナーがが多くなり、手軽に購入出来るようにもなりました。

ネットでも購入できる格安SIMですが、家電量販店で買うメリット・デメリットはなんでしょうか。



家電量販店で買うメリットは
「店員さんに色々質問できる」これが最大のメリットになります。

格安SIMは安いことは分かっていても、手続きの仕方やプランの選び方について分からない人は少なくありません。
不安なところは聞きつつ確認しながら選択できるので、実際使った時に「なんかイメージと違った・・・」というようなトラブルをある程度避けることが出来ます。

また、幾つかの手続きを経て契約になるネットでの購入と違い、その場で契約すると開通作業に入り、すぐに使えるというメリットも。
この辺りは、キャリア時代にショップで機種変更した感覚と似ていますね。



事前に準備する
ここで1つ注意したいのは、前もって準備する必要があるということ。
流石に手ぶらで行ってハイ契約という訳ではありません。

契約の際には、以下のものが必要です。

・身分証明書
・クレジットカード
・MNP予約番号(乗り換える場合のみ)


乗り換えの場合は、電話番号を引き継ぐためにMNP番号の取得をオススメします。

家電量販店へ行ってから取得しても遅くは無いのですが、現在契約している携帯会社を解約する事となるので、「もっと安いプランにしますか」「ポイントの残高がありますけど」など引き止める場合があり、長くなる可能性も。
前もって取得したほうがスムーズに手続きできます。

MNP取得については、こちらのカテゴリを参考にしてください。
乗り換え・MNP



デメリットは
格安SIMを扱うMVNOは沢山あります。
しかし、家電量販店では全てを扱っている訳ではありません。

ネットの方が選択できる格安SIMが多いので、より自分に合ったものを見つけることが出来るでしょう。

また、ネットから申し込むとキャンペーンが適用されることが多く、家電量販店よりお得に契約できる場合があります。
他にも、ネット限定のプランや機種があるのも見逃せませんね。
こちらの方がよりお得感があります。

家電量販店によって勧められるも違ったりしますし、店員さんにサービスを進められることも。

実際に自分の周りでも、「格安SIMに乗り換えたら思いのほか安くなったので、勧められた自宅用のモバイルルータも契約した」という人が。
「それだと意味が無い・・・」と思いましたが、本人が満足しているようなので良しとしました・・・

これは他サービスに限らず、オプションにも当てはまりますね。
「入っておいたほうが良いですよ」とか。
分からないとなおさら勧めて来るので注意が必要です。



結局、家電量販店で購入するのもネットで購入するのも一長一短で、どちらが良いとは言えません。

ただ、格安SIMの知識があまり無い人は家電量販店をオススメしますが、そこそこ理解していてネット通販に慣れている方なら第三者の思惑が入らないネット購入をオススメします。


Page Top ▲