はじめての格安SIMの賢い選び方|おすすめの格安SIMは

トップページ >iPhoneについて> ソフトバンクiPhone 6sのSIMロック解除シュミレーション!

ソフトバンクiPhone 6sのSIMロック解除シュミレーション!

SIMロック解除義務化によりソフトバンクの端末は、181日経過すればSIMロック解除が可能となりました。

いよいよiPhone 6s/6s Plusもその対象となりましたが、これを期にMVNOに乗り換えてみようかと思っているユーザーも居るかと思います。
そこで、実際にiPhone 6s/6s Plusで他社のSIMを使うまでの過程を見ていきましょう。


まずはSIMロックを解除

SIMロック解除する為には、最寄のソフトバンクショップへ行くかMy SoftBankでの手続きとなります。

最寄のソフトバンクショップの場合、
SIMロック解除手数料の3,000円を支払います。
作業には数十分かかるので、少し待つことになります。

My SoftBankの場合、
手数料はかかりませんが、次に利用する他社のSIMカードを用意する必要があります。



新しいSIMカードを挿す

SIMロックが解除されたら、いよいよ新しいSIMカードを挿します。

この時にアクティベーションがかかるため、Wi-Fi接続が必須となります。
Wi-Fi環境で接続し、アクティベーションを行いましょう。

「はたして電波を受信するのか」気になるところですが、
iPhone 6s/6s Plusのスゴイ所は、国内の主要な周波数帯をほぼ全てカバーしていること。
ドコモ系・au系のどちらのMVNOでも利用可能!

電波もしっかり掴むので安心です。



ネットが出来ない!

ここまでで、通話は可能ですがネットは出来ない状態となっているのでAPN設定をしなければいけません。

iPhone 6s/6s Plusの場合、手動でのAPN設定が出来ないので、新しく契約したMVNOの公式サイトから"構成プロファイル"をダウンロード、インストールします。
この作業もWi-Fi環境で行うことに。

無事、インストールを終えるとネットも出来るようになりました。
ここまで何も問題がなければ、普通にiPhone 6s/6s Plusを利用できる状態になっています。



手続きはネットで

強いて言うなら、「構成プロファイルをダウンロードしてインストールする作業が少し戸惑うかな?」程度で、SIMロック解除の作業はそう難しいものではありません。

週末や月末のショップは混雑が予想されるので、24時間対応のネットでの解約をオススメしますが、どうしても不安な方は最寄のショップで手続きするのが無難です。


Page Top ▲