料金で選ぶ格安SIMおすすめランキング

留守電を無料で使い節約

「どうせ安く使うなら、とことん安く使いたい」

という訳で、よく節約候補の1つにあげられるのが月に200~300円がかかる留守番電話サービス。


このサービスを無料で使う方法を紹介します。

やり方は、意外にもシンプル。

"ただSMARTalkに転送するだけ"

SMARTalkとは
無料で使えるIP電話アプリ。
050の番号で携帯や家、お店の電話への通話可能。

留守電機能もついているのでこれを利用しようというわけです。

いわば、「なんちゃって留守番電話サービス」です。

転送はどのMVNOでも利用可能なサービスで、これも無料ですから、

実質無料で利用できます。

「無料なら!」と自分も早速やってみたのですが、思わぬデメリットがありました。


転送に通話料がかかる
無料で使える転送も、通話料金はかかります。
1回転送されると20円/30秒の通話料がかかるので、ザックリ計算すると15回以上なら本来のサービスの方がお得です。


留守電になるまでの時間
留守電になるまで、「転送になる時間」と「SMARTalkが留守電になるまでの時間」の合計分待たなければいけません。
SMARTalkが留守電にはすぐなりますが、転送になる時間はMVNOによって設定幅がまちまちです。


設定に手間取る
これには設定が必要。
各MVNOによって設定方法は違うと思いますが、自分は多少手こずりました。


世の中そんなに甘くは無いですが、なにせ無料で出来ますから少しでも節約したい方は。

SMARTalk

初期費用・月額基本料0円!

国内通話料:8円/30秒(税別)
海外通話料:8円/30秒(税別)

無料通話100円分プレゼント

>>公式サイトへ


Page Top ▲