料金で選ぶ格安SIMおすすめランキング

トップページ >プランの選び方> 格安SIMをさらに安くするプランの選び方

格安SIMをさらに安くするプランの選び方

キャリアよりも月額料金が断然安い格安SIMですが、選び方によっては更に安くすることが出来ます。



1)データ容量を最小にして安くする
基本中の基本ですが、月に使えるデータ容量と料金は比例しています。
もちろん、少なければ料金も安くなりますから、最小のプランを選ぶと料金も安くなります。


2)速度を捨てて安くする
高速データ通信にこだわらないなら、低速プランを選ぶことで料金を安くすることが出来ます。
低速プランになれば最大受信速度が200kpbs位に。
これだと、サイトの閲覧やメール、LINE位しか使わないライトユーザーにオススメです。


3)データ専用のSIMを使いやすくする
音声通話を使わないデータ専用SIMを使えば、かなり安くなります。
この場合、通話は通話アプリを利用する事になりますが、おすすめは"SMARTalk"
050の電話番号がもらえるので、電話をかけるだけでなく着信も可能。
おまけに通話料金も安いです。

SMARTalk

初期費用・月額基本料0円!

国内通話料:8円/30秒(税別)
海外通話料:8円/30秒(税別)

無料通話100円分プレゼント

>>公式サイトへ


ただし、通話アプリを使うデメリットは、エリア内でなければ通話できないという怖さ
低速プランだと通信環境が悪ければエリア内でも使えないところも・・・


4)MVNOを比較して安くする
同じデータ容量のプランでも、MVNOによって料金に差があるので単純に比較してみて最安値を狙えば料金が安くなります。

しかし、当サイトではオススメしません。

幾ら安くても十速度が遅ければ使い物にならないからです。

安さにこだわりすぎるのは危険

(2)と(3)の併用は危険ですが、自分の利用目的に合った選び方をしてみてください。


Page Top ▲